読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liberteenしゅんすけのブログ

自分の備忘録です。

将棋

今日、2017年3月26日の朝は毎年やっているNHKの将棋トーナメントの決勝戦が放映された日でした。もちろん見ました、今回も波乱に満ちた名勝負になりました。見終わった後は、はぁーーーと溜息をつくのが精一杯でした。 もう何年前からか忘れてしまったけど、…

3月23日

LIBERTEENの仕事の近況 長いこと(といっても1年くらいだけど)準備してきた中国人向けのビジネスがようやく立ち上がり、とはいえ「こう来るか」っていう方向からボールが頭に直撃みたいな出来事もあり、ひよこでいえば生まれた瞬間に目の前にヘビがいまー…

3月21日

殴るときは、痛くする 前足は、踏ん張る。 後ろ足も、踏ん張る。 足は広く、殴るときに前足に重心。 パンチはとにかく長く、前へ。伸ばす 腰をひねる。金玉を挟み込む 戻しは速く。 肩を入れて打つ。肩を入れる

3月18日

「一人でも十分楽しいけど、あなたといるともっと楽しい」が理想、なんだけど、大事なのはもちろん「一人でも十分楽しい」のほう。目指せ。できる。なるべく日の当たる道をゆっくり歩きながら。 「死んでもいい、と思えたあの瞬間に、死んでおけばよかった」…

3月17日

ボクシングと書類作成と財務監査と、新しい家電のキックオフ飲み会、で浅草の家。 「肩の力を抜いて」ってよく言われるけど、ミット打ちでそう言われて肩の力を抜いたらほんとになんか変わった。 肩の力を抜くんだなぁ。 そのかわりに足腰はせいいっぱい踏ん…

3月16日

しばらく精神に堪えるタフな出来事の渦中にありブログの筆が全く進みませんでした。 一服のトランキライザーの効き目を期待して日記をこれからぽつぽつと記します。 タフな出来事はおそらくまだしばらく続く。 きょう3月16日は久々に丸一日のこってりした…

liberteen

liberteenは僕の名前です。そこに至る理由とプロセスがあって、新舘俊輔という名前にさよならすることにしました。まあ戸籍とかでは使い続けるけど、性同一性障害の女性が戸籍上は男性であるように、それはどうでもいい話です。そこでブログの名前も変えてみ…

福島の宿

もう何年前のことになるのかすら忘れてしまったけど、たしか10年ほど前か、もっとはるか前かもしれない。福島県にある、とある温泉宿にひとりで三泊くらい逗留したことがあります。そのときのことを思い出したのでダーッと推敲なしで書きます。 若いころは…

心を通わす言葉

外国に出張に行く際にだいたい憶えて帰ってくる言葉があります。それはつまり出張で役に立つ言葉なのだと思うので、これから出張に行く人は今回紹介する言葉を事前に覚えておくと現地でのコミュニケーションが一味違った楽しいものになるかもしれません。以…

機内のTIPS

いろいろな運や幸運が重なりプレミアムエコノミーやビジネスクラスで出張に行ったことも何度かあり、ビジネスクラスでのロングフライトを経験してしまうとエコノミーには戻れないなぁなどとその時は感じていましたが、逆に出張や旅行に慣れれば慣れるほどエ…

空港でのふるまい

出発の空港では成るべく行列に並ぶ時間を短くして、出発ゲートの近くで食事をしたり仕事をしたり落ち着いた時間を過ごしたいものです。そのために気をつけている点をいくつかメモ。 まずは荷物は預けず機内持ち込みで全てを済ませるのが基本です。普段の鞄に…

ホテルの客室

出張に行くとほとんどの場合ホテルに泊まりますので、ホテルの環境を良くすることは仕事の質も旅行の質をも左右しかねない大事なポイントです。室内は広いほうがいい、清潔な方がいい、安全なほうがいい、温かい方がいい、静かな方がいい、こういった望みは…

現金の管理

海外出張でどうしてもついてまわるのがお金の管理です。日本の空港への行き帰りでどうしても日本の通貨も持ち歩かなくてはいけないし、当然現地では現地通貨とクレジットカードを頻繁に使うことになる。このお金の管理をどうしたらいいかについての僕なりの…

ロングフライト

海外出張の場合は当然飛行機に乗りますが、北米やヨーロッパなどへのフライトは基本12時間コースとなり、さらに大抵は乗り継ぎもあるのでなかなかにタフな旅程になります。ここではロングフライトをエコノミークラスでも快適に乗り切る僕なりのコツを三つ…

22

Yeah We're happy free confused and lonely at the same timeIt's miserable and magicalTonight's the night when we forget about the deadlines, it's time I don't know about you but I'm feeling 22Everything will be alright, if you keep me next …

出張のコツ:はじめに

まだとても若いころ、仕事で出張に行くのが楽しくてしょうがありませんでした。何しろ旅費は会社持ちだし、平日に公然と旅行できるし、仕事が終わった後は飲みに行けるし。そんなこんなで20代のうちも国内で言えば名古屋大阪は言うに及ばず、北は北海道に…

お祓い

つまらない、他愛ない話です。 今年の1月、初詣の人混みも収まりかけたころ、職場の氏神様の神社でお祓いを受けてきました。発端は僕がお世話になっていて頼りにしている知人から、新舘くんお祓いを受けるといいよ、気持ちもすっきりするよ、というアドバイ…

おまけ:金持ちになることの効能

小さい会社の社長は、多くのひとがうなづいてくれると期待しますが社長ほど収入が安定しない仕事もないと言うくらい収入が安定しないものです。そんなこんなで僕の社長人生の大半は貧乏でしたがもともと物欲が少ない性質(たち)なのでとくに困らず暮らして…

信じる者は救われる

プラセボという言葉があります。医学とか心理学とかの世界の言葉です。そして僕は広告とか宣伝とか販促とかの世界に身をおいています。今回はプラセボと広告の話、そして広告と「信じること」の関係について思うことを書きます。 プラセボとは日本語では偽薬…

新しいことをはじめること

人は新しいことをはじめるときに不安を感じたり、躊躇したりするものです。そしてときに新しいことになじめずに元の生活を引きずってしまったり、不安定な気分のまま日々を過ごすこともあります。この文章は3月という新しい季節に新しい環境へ身を置くこと…

おまけ:コントロールできる領域に目標を設定する

これまで観念論や価値観の話を軸に置いてきましたが少しは実践的ですぐに役立つネタもあったらいいと思いました。そこでおまけとして、実践的な話をひとつします。 仕事で目標を設定するときによくやってしまうのが、自分がコントロールできない領域に目標点…

経験よりも体験をしようぜ、Kくん

これまで「成功とは」というテーマで幾つかの長々とした記事を書いてきましたが一旦僕のなかに溜まっていたものは大体アウトプットできた気がします。(また別のインプットがあればぼんぼこ書くと思いますが。)ひとまず締めくくりとしてちょっとした話を、…

メディアは色眼鏡

今回はメディアにとっての成功とは何かを考察します。 一般的にビジネスにおける成功とは、規模が大きい方が良い、ユーザー(お客)の数は多い方が良い、売上高は大きい方が良いという価値観を大前提に語られます。そして成功の尺度としてはユーザー何万人、…

ユーチューバーで成功する方法

今回の記事はかなり直球勝負なタイトルですが、釣りでもないですしアクセスを稼ぐつもりも全くありません。ユーチューバーになりたい人でなくても、事業を成功させようと努力している人や、その中でも成功とは何かについて模索している真剣な人たちへむけた…

イラシャマセを蔑むこころ

外国の人と仕事をしてきた中で、覚えておいてよかった、本当に役に立った教訓がひとつあります。それは「外国人との会話では相手の知性を実際の70%に見積もってしまう」という心理学的な事実です。会話が通じにくいから伝わりづらいと思うだけでなく、相…

体のサイン

人間は誰でも年をとるものですが、僕は年をとるにつれ風邪をひきにくくなりました。健康に気を使うようになったのではなく、風邪のひきはじめの兆候を感じ取りやすくなったからです。若い頃は、風邪薬の注意書きに書いてあった「風邪のひきはじめに飲んでく…

テイクオフ または、トンネルを掘る

今回の記事は長いので見出しを付けて読みやすくする工夫をしてみました。 事業のテイクオフとは 事業の成長を喩えた言葉の一つにテイクオフという言葉があります。直訳すると(飛行機などが)離陸するという意味ですが、飛行機が離陸するときはしばらく滑走…

そしてスコップだけが残った

アメリカに、ゴールドラッシュという時代があったそうです。アメリカの西の端のほうの山で金(きん、以下「かね」の補足がなければぜんぶ「きん」です)が掘れたという噂が広まり、みんながこぞってその山に向かっていったそうです。 最初の頃に金を掘り当て…

おまけ:Into the great wide open

力は、人に何を与えるのでしょうか。あるいは人の何を暴くのでしょう。 2013年にRの新製品の企画開発とマーケティングを担当したとき、僕はRの値段を1万円アップさせて約3万円の売価に設定することを強く主張しました。僕以外にそれに賛成する人はいま…

おまけ:2014年のトピック

本編も終わりましたし、ここからはもう少しカジュアルな文体で書かせていただきます。そういう気分なんです。 乾燥 翌年に発売予定だったフラッグシッププロダクトのテーマはハウスダスト除去率の向上に加えて布団の乾燥でした。この取り組みを通じて乾燥と…

2014

2014年は、それはそれで、色々なことが起きました。新製品を開発し、積極的に広告を展開し、人材を採用し、競合との戦いがはじまり、営業を強化し、並行して中国市場を開拓したりもしました。売上高は昨年をさらに50%も上回る150万台が売れました…

栄光の後ろに置いてきたもの 3

3つ目は基礎研究についてです。 ここでいう基礎研究とは、製品の性能向上のための工夫やユーザーニーズを把握するための調査といった、サービスに直結する努力ではなく、より普遍的な物事の道理を把握するための努力のことです。たとえば炊飯器のメーカーが…

栄光の後ろに置いてきたもの 2

2つ目はパブリックリレーションについてのイシューです。 パブリックリレーションとはPublic RelationsつまりPRのことですが、日本ではよくPRのことを単なるメディアへの製品露出と同義で捉えられたり、あるいは自己PRと表現されるようにアピールとピ…

栄光の後ろに置いてきたもの 1

Rにとって2013年は、暖かい春の訪れに始まり、ぽかぽかとした陽気の中でぱあっと咲いた満開の桜が、その年の終わりまでずっと咲き続けたような一年でした。テレビショッピングとメディア露出の両輪がグルグルと回りRの存在がブームとして受け入れられ、…

高い目標を持つこと

高い目標を持とう。と、よく言われます。それが良いことであると、あるいは良い人生を送るために必要なことであると、語られます。そして、高い目標を掲げそれに到達するための逆算思考や行動規範や考え方を語ったハウツーが世の中に多く広まっています。私…

Autumn 2013

2013年の春頃からマーケティングの業務が拡大してきたのにあわせて僕の親友が勤めていた某広告会社の強力なメンバーがブランディング並びにクリエイティブのパートナーとして加わり、それとともに僕はマーケティング以外にも徐々に人材採用や製品開発に…

おもてなし について

いま日本を訪れる観光客が年々増加していると言われています。2020年の東京オリンピック開催をはずみとして、かねてから政府が打ち出しているビジットジャパン関連事業が奏功しているのでしょう。同時に東京オリンピック誘致の際に話題になった「おもて…

Spring 2013

船は追い風で転覆するという言葉があります。 ふつうは向かい風や横風で転覆しそうに思いますが、その意外性を教訓にしたことわざです。帆船は向かい風や横風や嵐の時には前進しませんから、帆をたたんでじっと耐え忍ぶしかありません。すると、どんなに波が…

人生のストーリー

Rというブランドは2012年の秋に、様々な偶然が重なり、テレビ通販専門局であるT社での取扱により月間販売数量が数万台へと持ち上げられることになりました。さらにテレビ通販による実売と認知、そして幾多の追い風による相乗効果がブームを生み、201…

Autumn 2012

僕が人生で初めて佐世保の地を訪れたのは2012年の9月でした。あるいは8月の終わりだったかもしれません。佐世保にあるテレビ通販大手のT社は福岡空港から車で二時間という場所にあり、空港からT社へただひたすら車を走らせる時間はなにかどこか遠い寺…

Spring 2012

製品のリブランディングとデザインワーク、ローンチ準備の各作業は多岐にわたり多忙を極め、正月休みもまったくないまま2012年2月11日のローンチ記者発表会に向けてあっという間に時間が過ぎていきました。 販路拡大とくに家電量販店の売場獲得のため…

Winter 2011

おそらく何かの縁や因果があったのでしょう。僕はそれから当時僕が生業としていた販促用の動画表現という枠組みを大きく超えた、PRを軸にしたブランドマーケティング全般の企画に着手しました。完成までには確か2ヶ月弱の期間を要しましたが、僕を助けて…

Summer 2011

2011年の8月は東北の地震と原発による混乱が少しだけ日常に戻りかけはじめた時期でした。 その年の頭、僕は動画制作の会社を経営して6年が経っていました。僕の会社がメーカー向けの店頭販促動画の制作にフォーカスしたことを後追いするように2008…

ふとんクリーナーとの3年間:はじめに

私は過去とある家電製品のブランドマーケティングを統括推進する立場で3年間活動しました。2011年の秋から2014年の冬までのことです。 当時は存在しなかったジャンルの家電であったため市場創造という側面もありチャレンジングでしたが結果として年…

渋谷のPoRTAL

2016年の春から8ヶ月ほど渋谷にあるPoRTAL(ポータル)というコワーキングスペースを利用していました。職住の拠点を東京の東側に移すことになりPoRTALの利用を終えることにしましたが、とても居心地の良い好きな空間だったので紹介します。渋谷界隈で…

職業クリエイターについて

この文章は推敲なしで書きます。僕は14歳ぐらいの時にたぶんラジオのFENで聴いたジョーサトリアーニに憧れてギターを弾き始め、中高をギター漬けで過ごし大学ではバンドとクラシックギターサークルに多くの時間を費やしました。当時流行っていた洋楽のハー…

編集の番外編 デジタル動画の基礎知識

今の時代、動画は完全にデジタルです。そんな時代に動画を扱う際に少しでも覚えておいた方が良いことを4つ挙げます。それはピクセルサイズ、ビットレート、FPSの3要素に加え、コーデックというものです。 ピクセルサイズとは、動画の画面が何個×何個の四角…

編集の番外編 集中力のマネジメント

動画の編集には時間がかかります。1分の動画を作るのに10時間かかることもあります。しかし問題なのは時間がかかると人間は集中力が切れることです。そうすると気分転換したり休憩することでますます時間がかかります。あるいは集中力が切れているときに…

編集の番外編 友達に編集を頼む場合

動画を撮影して一度や二度は編集をやってみたけれど、編集は自分にはどうしても向いていないと実感してしまった人もいるかもしれません。友人に編集が得意な人がいるからその人に頼んでみたら意外と客観的目線も加わって自分がやるより良い作品ができたとい…

編集の番外編 BGMに映像を合わせる手法

編集をする人のなかには、特定のBGMを土台にしたミュージッククリップのようなものを作りたい人もいると思います。ミュージッククリップ的なビデオの編集のしかたは通常の編集とはスタイルが異なり、麻雀に喩えて言えば普通の3×4+2の役を作るのが一般的…