読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liberteenしゅんすけのブログ

自分の備忘録です。

経験よりも体験をしようぜ、Kくん

成功とは何か

これまで「成功とは」というテーマで幾つかの長々とした記事を書いてきましたが一旦僕のなかに溜まっていたものは大体アウトプットできた気がします。(また別のインプットがあればぼんぼこ書くと思いますが。)ひとまず締めくくりとしてちょっとした話を、思い出すままに、書きます。

 

奇特なことに僕の会社にインターンをしたいと申し出てくれた大学生(当時)がいました。ここでは親愛をこめてすてきなKくんと呼びます。たしかもう7,8年前のことで、彼は大手企業に入社しましたが今でも飲み友達でいてくれています。うれしいことです。彼がインターンをしたときはちょうど某コンビニのデジタルサイネージネットワークの立ち上げという野心的な企画に僕の会社が関与していたので、その企画や営業で一緒に仕事をしました。

インターンをはじめて何日か経ったときに、すてきなKくんのふるまいを見ていてふっと心に感じたことを、彼に話しました。

 

あのさ、すてきなKくんさ、若いうちは体験したことをすぐに経験に変えたいかもしれない。あるいは、経験そのものをなるべく早くたくさん積みたいのかもしれない。経験値を上げてすぐにレベルアップしたくて、それは自分にもっと自信を持ちたいとかだったり履歴書に何かを書きたいとかだったり同級生や同期の人に自慢したいとかだったりするかもしれないけど。ほら、若さって何でもできるかわりに自信がなくて、それをすぐにでも手に入れたいって思うのかなって思うんだ。でも、俺が思うに人生ってドラクエみたいに敵が出た!ズバっ!敵を倒した!って具合に経験値が溜まっていって自動的にレベルアップしていくっていうのとはちょっと違って、まずは目の前にあることをやるってことは経験ではなくて体験なんだよね。体験でしかないんだ。経験値とかレベルアップとかとは無関係な、体験そのものなんだ。そのあとにね、いろんな種類の体験が体のなかに溜まって、楽しい思い出とともに溜まっていって、それが知らないうちに混ざり合って、それを忘れちゃったくらいのころになって、ある日ぽーーん、ってそれが経験にかわっていて、自分自身が変化していたってことを振り返って知るんだよね。大事なのは体験をありのままに楽しんで、ありのままに精一杯やって、ありのままに全身で味わうことだと思うんだよね。経験のためにとか成長のための単なる手段ではなくてさ。だって人間の人生はすべてが体験の連続なんだから。人間の人生がすべてあまねく何かの別の目的のためのものだったらおかしいじゃん、人生そのものが生きる主体なんだからさ。そういう邪心みたいなのは捨ててさ。体験自体を楽しむことにこそ人生の価値はあるんだし、逆説的だけど体験をありのままで楽しんで精一杯さ、全身でばーんって受け止めることが結果的に経験値とか成長とかにもなると思うんだよね。という話をしました。

 

 

すてきなKくんと一緒に新宿で飲食店さんに飛び込み営業をしたときは、ほんとに楽しかった。いい汗をかいた。今でも覚えてる。サイネージに広告出しませんかって西新宿界隈をしらみ潰しに飛び込んでって、成果はもちろん全滅だったんだけど、ほんとうにいい体験だったよね、Kくん。

 

 

経験や成長そして成功を求める人へ。

成功の前に、成長の前に、経験の前に、目の前にある体験をいちばん大事にしよう。

あなたが誰よりも汗をかいて頑張っていることは、自分自身の体は誰よりもそのことを知っていて、その体験をすべて受けとめてるから。そして、必ずお天道様は見ているから。