読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現金の管理

海外出張でどうしてもついてまわるのがお金の管理です。日本の空港への行き帰りでどうしても日本の通貨も持ち歩かなくてはいけないし、当然現地では現地通貨とクレジットカードを頻繁に使うことになる。このお金の管理をどうしたらいいかについての僕なりのノウハウです。

 

お金の管理についてのノウハウはシンプルです。それは国/経済圏ごとに財布を持つことです。アメリカに行くならドル用の財布を持つ。韓国に行くならウォン用、中国に行くならRMB用、ヨーロッパに行くならEU用の財布を持ちます。そして財布は現地で買うのが良いと思っています。それは旅の思い出にもなり、それにより財布の区別もしやすくなります。財布には現金以外にも必要であればホテルや空港の住所を書いたカードを入れておいてもいいし(タクシーの運転手に見せる)、交通ICカードを入れておいても良いです。国毎にジップロックに金を入れて管理するのが良いという話もありますが、国別に財布を持っておくといざ出張に出る際の機動性が違います。日本で普段使っている財布はそのまま持ち込んで、クレジットカードだけ挿し替えて、ホテルのセキュリティボックスにしまっておけば問題無しです。僕は昔は現金をポケットに入れて持ち歩いていましたが、不便であり不格好なことこの上ないので財布を分けるようにしたところ画期的に出張先でのお金のやりとりがスムーズになりました。郷に入っては郷に従えと言うことではないかと思います。

財布を分ける以外に細かいノウハウとしては、カードで払えるなら成るべくカードで払い現金を使わないことと、カードで支払うときに現地通貨払いと日本円払いを選択させられるとしたら基本は現地通貨払いにすることです。あと両替についてはいろんなところで何度も両替をしてきましたが、今となって思うのはちょこちょこ両替をするのはだいたい時間の損ですから、レートの良いところでドサッと両替しておいて、どうせまた来るから金は残ってもいいやと思うのが一番です。出張や旅行が好きな人ならなんだかんだ言ってどうせその国にもまた行きますし、国ごとに財布とお金が増えていくのは日本で何かあって他の国に行ったとしてもすぐになんとかやっていけると思える点で僕に安心をもたらしてくれます。