読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liberteenしゅんすけのブログ

自分の備忘録です。

空港でのふるまい

出張のコツ

出発の空港では成るべく行列に並ぶ時間を短くして、出発ゲートの近くで食事をしたり仕事をしたり落ち着いた時間を過ごしたいものです。そのために気をつけている点をいくつかメモ。

 

まずは荷物は預けず機内持ち込みで全てを済ませるのが基本です。普段の鞄に荷物が入り切らずやむなくスーツケースを使うことになっても機内持ち込み可能なサイズのものを使います。経験的には男の場合は1週間くらいまでであれば持ち込みサイズのスーツケースで十分です。逆に1週間を越えるような場合は現地でいろいろ調達するのが基本でしょうから、そういう意味では男の一人出張ならばどう転んでも機内持ち込み以上の大きさは要らないことになります。バゲージをチェックインしないメリットは、もちろんチェックインの際に行列に並ばず自動チェックイン機を使えるので(予めウェブでチェックインしておくのは当然として)チェックインが速い点、あと到着してからバゲージが出て来るのをイライラしながら待つ必要がないという点です。荷物は少ないに越したことがないです。

なお別の記事でスーツケースには水をぎゅうぎゅうに詰めましょうと書きましたが、預け荷物にするなら予め家で水を詰めておきますが、持ち込み荷物にする場合はスカスカのスーツケースを持ち込んでから出国したあとの売店で水を買うという段取りになります。

 

次にセキュリティチェックではとにかく従順にふるまうことです。上着を脱ぐとかポケットの中をカラにするとかPCとスマホの充電バッテリーを鞄から出しておくとかは当然で、ベルトや靴も言われずとも脱いでおくほうが楽です。まんいちブザーが鳴って警備員にボディチェックをされるより余程ましです。羽田や成田は世界のなかでもセキュリティチェックが緩いほうなのでそのつもりで外国の空港でセキュリティチェックを通るとけっこうあれこれ言われます。

あとセキュリティチェックでは機内への水の持ち込みがNGなためペットボトルを捨ててしまう人が多いですが、中身を飲み干してから空になったペットボトルを鞄に入れておくことをおすすめします。セキュリティを通って出国したあとに水飲み機で水を補充しておけるからです。

 

最後は出国について。日本の空港を出国するときは指紋ゲートが行列が少なくて速いので指紋登録をしておくことをおすすめします。パスポートにハンコが増えるのをスタンプラリーのように楽しんでいる人もいると思います、僕もそういう気分だった時期もありましたが慣れてくると面倒なだけなので早めに指紋登録をしましょう。放っておいてパスポートのページがなくなってしまうと増刷する手続きをしなきゃいけなくなるのですごく面倒です。

あと入国ゲートに並ぶとき国によっては任意の列に並べますが、その際は端の行列に並んでおくとその隣に係員が増員された際に行列が一時的に半分になるというチャンスがあります。とても些末な、言い換えればセコいノウハウなので書くのもはばかられますが。総じてどの行列に並ぶかを決める際に全体的に言えるのは、旅慣れている風体の人がより多く並んでいそうな行列に並んでおくのが鉄板です。