読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命維持装置

何日か前にテレビを見ていたら(元モダンチョキチョキズの)濱田マリが登場しました。彼女はボルダリングが趣味で、大好きだという話をしていました。

ちょうどその何日か前に、友だちに誘われてボルダリング初体験してきたばっかりだったので、ふ〜んと思いながらテレビを見ていました。

濱田マリさんがボルダリングを本当に楽しそうにやっているシーンが映り、結果として肉体がいわゆるマッチョになってしまったという出来事が微笑ましく紹介されていました。

その後、「自分にとってボルダリングとは何ですか?」という質問を受けた濱田マリさんは、それを、「生命維持装置です」と表現しました。

 

あー、これは本当に的確で、ウィットも効いてて、いい言葉だなぁ、僕も使わせていただきます、なんて思いました。

 

 

 

同じ感触を自分の中に持っている人だったら、深くしみじみと「わかるわかる…」って響き入る言葉だと思うし、そうでない人だったら、「なにそれ笑」で済まされる感じなんだろな、って思うから、多くを語ることは無粋かなと思い、この話は終了。

 

とりあえず濱田マリさんの人生にこれからもボルダリングが在り続けますように。